また再び、桜の葉で紅茶を作る

      2016/08/05

ちょうど1年ほど前に、桜の葉で紅茶を作る実験をしました。
その時は、素材となる桜の葉が、食べるのに適さないソメイヨシノやシダレザクラの葉だったので、完成した紅茶は、エグ味が出て、とても飲めた物じゃありませんでした。

1年前の記事 桜の葉で紅茶を作る

その失敗から1年。

桜の葉で紅茶を作ることなんて忘れていました。
ですが、ふと先日の記事 桜の葉を食べるで紹介した葉なら、紅茶にしてもエグ味は出ないだろう。
…と急に思い出しまして、また収穫して来ました。

桜の葉この葉で紅茶を作ってみましょう。
この葉は、先日紹介したとおり、桜の香りは弱いですが、柔らかく、エグ味はありません。
紅茶にも適しているはずです。

紅茶を作る手順は1年前と同じです。
まず洗って、1日干します。

葉を傷つける適当に刻んで、すり鉢でゴリゴリと葉に傷をつけます。

発酵させる鍋で発酵。

発酵した葉発酵した茶葉。

軽く炒る軽く炒ります。
焦がさないように、水分を飛ばすだけです。
水分が飛べば完成です。

桜の葉の紅茶桜の葉の紅茶できました。

味は?
予想通り、桜の香りがほんのりする。
さわやかな、ダージリンのようなニルギリのような味です。

気になるエグ味は?
大丈夫です!エグ味はありません。
桜の葉で紅茶は、成功です!

成功は成功なんだけど、あんまり美味しくないかもしれない。

…と、私は思っていたのですが、妻は、美味しいと言ってました。
また、娘も、おいしいと言って、水筒に入れて幼稚園に持って行ったというではありませんか。

人それぞれのようです。

スポンサーリンク




 - 京都御苑の野草