スペイン修道院のケーキ、タルタ・デ・サンディアゴ

      2016/09/19

スペイン産マルコナ種アーモンドをパエリアの風味付けに使う
小麦粉不使用アーモンドのみのアーモンドクッキー の続き。

最高に美味しいスペイン産マルコナ種アーモンドを使って、今回はタルタ・デ・サンディアゴを作ります。
タルタ・デ・サンディアゴとは、「聖ヤコブのケーキ」という意味で、スペインガリシア州のサンディアゴ・デ・コンポステーラという町の修道院で生まれた、伝統的なお菓子です。
表面に、粉砂糖で聖ヤコブの十字の型を取ります。

タルタ・デ・サンディアゴこのようなケーキです。

画像は、どこかのサイトから拝借しました。
これも、マルコナアーモンドをたっぷり使います。

スポンサーリンク




◆タルタ・デ・サンディアゴの作り方

〈材料〉
アーモンドパウダー(マルコナ種) 80g
砂糖 60g
卵L寸 1個
レモンの皮すりおろし 1/4個分
シナモンパウダー 小さじ1/3

材料を合わせる全ての材料をボールに入れます。

混ぜる混ぜます。

型に流す型に流します。

焼けた190℃のオーブンで20分焼きました。

これを冷まして型から外し、粉砂糖で十字架のマークを付けます。

本来ならそうするのですが…

ところが…

タルタ・デ・オトコ中村ほんの遊び心で「オトコ中村」とやってみたのですが…

スポンサーリンク

これで、「タルタ・デ・オトコ中村」と言いたかったのですが…

ちょっとセンス無いなあ…

素直に十字架のマークにしておけば良かったかも?

タルタ・デ・オトコ中村味は、濃厚で美味しいです。

アーモンドが濃厚で、レモンの香りも濃厚で、シナモンの香りも濃厚です。
近頃は、あっさりしたお菓子が多いですが、これは、濃いお菓子です。

マルコナアーモンドのお菓子作りは、まだ続きます。

続き マルコナアーモンドでポルボロン

スポンサーリンク




 - その他のスイーツ