天然酵母で作るスコーン

      2016/08/05

最近定番の天然酵母スイーツ。

色々と作って情報を蓄積して、徐々にスタイルを確立してみたいと思っています。
今後、スイーツをつくる場合、基本的なものは、全て天然酵母で作るつもりです。
では、今回は、スコーンを焼いてみましょう。

スポンサーリンク




天然酵母スコーンの作り方

〈材料〉
薄力粉 250g
グラニュー糖 20g
バター 100g
酒種 120g
卵 1個
チョコチップ 50g

※酒種の作り方は甘酒作りに失敗 しかしそれを元に酒種を起こしパンを焼くをご覧ください。
家に天然酵母が無い場合は、酒種120gの代わりに(強力粉60g・水60ml・ドライイースト2gを混ぜた物)を入れても良いです。

※下準備
バターは柔らかくしておく
卵は常温にしておく

◆作り方

全ての材料を混ぜる(チョコチップ以外)
生地がまとまったら、生地をだいたい2等分にして、片方はプレーン、もう片方にチョコチップを混ぜる。
適当な大きさに丸める。

スコーンの生地プレーン5個、チョコチップ7個出来ました。
これを、常温で丸一日発酵させます。

24時間後24時間後。
少し膨らんだような気がします。
プレーンは焼いてみます。
チョコチップは、もう1日冷蔵庫で発酵させます。

プレーン焼けた200℃のオーブンで30分焼きました。

スコーン〈プレーン〉天然酵母スコーンです。
オーブントースターで軽く焼いて頂きます。
さっくりとしておいしいです。
砂糖をほとんど使ってませんが、天然酵母の自然な味わいと、バターや粉の味だけで十分楽しめます。
クリームとかジャムとか付けてもいいですが、素材の味が分からなくなるので付けるのがもったいないくらいです。

スポンサーリンク

48時間経過チョコチップは冷蔵庫で、もう1日発酵させました。(計48時間発酵)

チョコチップ焼けた200℃のオーブンで30分焼きました。
たまらなく美味しそうな匂いがします。

スコーン〈チョコチップ〉天然酵母スコーン(チョコチップ)
オーブントースターで軽く焼いて頂きます。
さっくりとして、甘味は少ないですが、自然な味わいがあり、これ以上砂糖は必要ないです。

ティータイムにこんな物があれば幸せ~です。
作るのは簡単です。
ただ、ちょっと時間がかかるだけです。
味噌とか仕込む事を考えると、1日や2日の発酵なんて一瞬ですよ。

スポンサーリンク




 - 天然酵母スイーツ