未分類

新型iPad proのレビュー

2020年4月1日

新型iPad proのレビュー

2020年3月25日に発売された新型iPad Proを買いました。

今回このブログはiPad proで書いています。

今回のiPad購入は、注文から手元に届くまで時間もかかり、また色々ありました。

その色々と、使用したレビューを紹介したいと思います。

【目次】
1. 注文から届くまで
2. 今まで使っていたパソコン 
3. iPad Proの使用感
4. スマートキーボードの使用感
5. アップルペンシルの使用感
6. USB-C - SDカードリーダーの使用感
7. カメラの使用感
8.まとめ

注文から届くまで

○2020年3月8日
iPadを買おうと思い家電量販店に行くと、武漢発のコロナウィルスの影響で在庫が無く、Appleのサイトで注文して送ってもらう事に。
iPad Proとスマートキーボードを注文。
Appleにも在庫が無く、次の入荷も未定だが、おそらく3月中には納品できる見込みとの事。

○3月18日
アップル社が新型iPad Proを発表。
私が注文したのは旧型。
なんというタイミング。

○3月21日
アップルからメールで、旧型はまだ出荷されていないので、新型を届けますと連絡がある。
やはりそうか。

○3月22日
スマートキーボードだけ届く。
本体まだ。
キーボードだけで、どないせいっちゅうねん。

○3月27日
アップルペンシルとSDカードリーダーも注文する。

○3月29日
アップルペンシルとSDカードリーダーが届く。

○3月30日
遂に新型iPad Proが到着!

iPad Proの箱

こんな箱に入っています。

私の勝手な想像によると、旧型のiPad Proは、武漢発のコロナウィルスの影響で、在庫も無く生産ラインも停止してしまい、同じものを作る事ができなくなったのだと思います。
アップル社も在庫なしでは機会の損失ですから、それを防ぐために、他の稼働可能な工場でなんとか作れー!ってな具合で必死になって生産体制を構築したのでしょう。

けど、今までと同じ物が作れないから、少しだけアップグレードさせて新型という事にしてしまえ!

その方が話題にもなるだろう。
という流れで新型になったのでは無いでしょうか?

これは私の想像です。

ちなみに、この新型iPad Proの発送元は中国でした。

こんなご時世でも中国なんですね。

今まで使っていたパソコン

2011年に買ったアスースのノートパソコン

前回(2020年3月18日)アップした記事までは、このノートパソコンで書いてました。

これは2011年に買ったWindows7の安いノートパソコンです。

確か3万円くらいだったと思います。このパソコンは、インターネット用に買った物です。

これを買った頃は、まだパソコンでインターネットをする時代だったのですね。今はもう古くて安く動作が鈍いパソコンですが、ブログの文章を書くには、全く性能に問題なく、満足して使ってました。

画像の編集も、このパソコンでやってました。

静止画像だったらこれで問題なく編集できました。

ノートパソコンのSDカードリーダー

また、このパソコン本体にSDカードリーダーが標準装備されていて、デジカメで撮った画像をパソコンに取り込むのが便利でした。そして、2020年1月14日にWindows7のサポートが終了してからも、特に不都合を感じる事なく使ってました。けれど、最近ユーチューブデビューしまして、これからは、どんどん動画で情報を発信していこうと考えています。

動画の編集は、このパソコンではどう考えても無理です。スマホで動画の編集をしてみましたが、スマホでは画面が小さいのと、iPhone8ですから性能的にちょっとしんどいです。そこで、とうとう新しいマシンを導入する事になりました。そして、タイミングの良い事に、iPadを注文した頃から、パソコンのキーボードの調子が悪くなってきて、文章が打ちにくくなってきたのです。しかし、よくもこんな古いパソコンで頑張っていたものです。

私は、一生使い続けられるような良い道具が好きなのですが、パソコン関係はいくら良い物でも新陳代謝しないと使い物にならないですね。

おまけにこのパソコンはインターネット専用の廉価版でした。

それを大切に使ってましたが、本当にもう潮時です。

iPad Proの使用感

新型iPad Pro

11インチiPad Pro  Wi-Fi 256GBスペースグレイです。

まだ家に届いて1日しか経っていないので、詳しい事は分かりません。
使用感をレビューしようにも、今まで Windowsユーザーでしたから、あまり気の利いた感想はお伝えできないかも知れません。
勤務先の会社でもWindowsを使ってます。
Windows歴は20年以上です。

iPadを持つのは初めてです。
iPhone歴はもうすぐ4年です。
そんな私が新型iPad Proをレビューします。

とりあえず、iPadが家に届いてからの初期設定ですが、まずは顔認証の登録、超簡単でした。
顔認証は、使ってみると楽チンすぎます。
ロック状態から画面に手を触れるだけで、自動的に顔認証されてロック解除されます。
いちいち指紋認証や暗証番号の入力の必要はありません。
また、iPhoneと連携させる設定は、ほとんど自動的に行われました。

私がやった事は、iPhoneをiPadの近くに置いておく事と、iPhone側の4桁の暗証番号をiPadに入力するだけでした。
そうすればiCloudに保存されているデータと連携できるので、もう面倒な設定をしなくてもスマホと同じ設定で使う事ができます。
あと、あまりにも素人な感想なのですが、画面が綺麗です。このマシンで動画編集をしていくつもりなのですが、まだ動画編集はしておりません。

けど、きっとサクサク動いてくれる事でしょう。

オトコ中村の刻印

あと、本体にオトコ中村の刻印が入っています。

スマートキーボードの使用感

スマートキーボードとの接続部分

まず、本体とスマートキーボードの接続ですが、何も必要ありませんでした。
マグネットで本体とピタッとくっ付き、いきなり使えるのです。

よく見ると、本体とキーボードに3つの小さな金属部分があり、それが接続部分なのでしょう。
それがマグネットのおかげでピタッとハマるのです。

そして、驚いた事に、日本語入力がやり易いです。
日本語の自動変換が凄いのです。ひらがなを入力すれば、変換を押さなくても自動的に変換されて、それが、的を射た変換をしてくれるのです。
だから、サクサクと文章を入力する事ができます。

そして、決定を押さずにそのまま文章を入力しても大丈夫です。

入力が進むうちに最初に入力された部分から順番に、自動的に決定されていきます。たまに違う変換がなされた時だけ、変換キーを押し、文章の締めくくりで決定を押せばいいのです。
だから、打ち間違いさえしなければ、恐ろしく早く文章を入力する事ができるでしょう。

まだ何千文字も入力してませんが、現時点でとても入力し易いと感じています。

これで入力スピードは速くなるでしょう。

今まで日本語入力はWindowsの方が優れていると思ってましたが、全くそんな事はありません。
Windowsにあるdeleteキーが無いので、そこの部分はちょっと違和感を感じますが、すぐに慣れるでしょう。

アップルペンシルの使用感

アップルペンシルの初期設定とかも、何も必要ありません。
いきなり使う事ができます。

アップルペンシルを持っているとタブレットの世界が広がると聞いたので、買ったのですが、使い始めて数時間では、まだ世界は広がっておりません。

アップルペンシルで試し書き


現時点では、まるで紙にペンで書くような感覚で画面上に書く事ができるという事が分かった程度です。

これから新しい可能性を見いだしていこうと思います。

しかしこれで14500円(税込)です。
ちょっと高くないですか?

USB-C - SDカードリーダーの使用感

これも4500円(税込)もします。
ちょっと高いような印象ですが、デジカメで撮った画像データを取り込むのに何らかのカードリーダーが必要なので安定の純正品を買いました。

SDカードリーダーでデータ移動

こうやって本体に接続します。

さすが純正品。
デジカメのデータを安定して取り込む事ができます。

カメラの使用感

試しにそこら辺にある物を撮影してみました。

新型iPad Proで撮った生姜

iPad Proで撮影した生姜。

パキッと鮮明に撮れています。

一眼レフカメラで撮った生姜

一眼レフカメラで撮影した生姜。

パキッと鮮明ではありませんが、美しく撮れています。

新型iPad Proで撮ったお花

iPad Proで撮影したお花。

パキッと綺麗に撮れています。

一眼レフカメラで撮ったお花

一眼レフカメラで撮影したお花。

背景がボケてお花の写真としてはこちらの方が良いですね。

この程度の比較ではまだなんとも言えませんが、新型iPad Proのカメラは、広角にパキッと鮮明に写ります。

まとめ

  • 新型iPad Proの使用感について詳しい事は分かりません。
  • 初期設定は楽。
  • スマートキーボードは接続不要でいきなり使える。
  • 日本語入力が優れている。
  • アップルペンシルも設定不要でいきなり使える。
  • 純正品SDカードリーダーは安定の品質。
  • カメラは広角にパキッと鮮明に写る。

最近ブログの更新が滞っていたのは、パソコンが限界だったからモチベーションが上がらなかったのでしょう。
だから、ブログを書くためにiPad Proを買いました。

重視する機能は、文章の入力と画像編集と動画編集です。
とりあえず、文章の入力はスムーズにできそうなので安心しました。
画像編集と動画編集も、もし気が向いたらレビューしてみます。

それよりも、何か新しい料理を作らねば。

セイタカアワダチソウ

鴨川の野草

2021/7/24

セイタカアワダチソウの美味しい食べ方

あの力強い野草のセイタカアワダチソウは、美味しく食べる事ができます。セイタカアワダチソウの美味しい食べ方を3種類ご紹介します。ホンマに美味しいですからね。これを読めばセイタカアワダチソウを見る目が変わりますよ。 【目次】1.セイタカアワダチソウについて2.セイタカアワダチソウの効能3.セイタカアワダチソウの採取4.セイタカアワダチソウの味5.セイタカアワダチソウのアク抜き6.セイタカアワダチソウの料理法を考える7.セイタカアワダチソウの白和え8.セイタカアワダチソウのケーキ9.セイタカアワダチソウパン10 ...

ReadMore

中村家の長期熟成発酵食品

その他の漬物・発酵

2021/7/17

長期熟成発酵食品の勧め 中村家秘蔵の発酵食品5種を紹介 7年熟成○○の味に驚愕!

長期熟成発酵食品は微生物の力と時間をかける事によって、食品が思いもよらない変化を遂げるので、面白いです。今回は中村家秘蔵の長期熟成発酵食品5種をご紹介します。 【目次】1.魚醤2.3年味噌3.7年梅干し4.4年酒粕5.4年奈良漬6.まとめ7.動画で説明 魚醤 これは魚醤です。魚醤は魚を原料に作る醤油の事です。 イワシと塩を瓶に漬けて、1年以上放置しておいたら魚醤になります。 これは2021年4月19日に仕込みました。この画像を撮影したのは2021年7月10日なので、仕込んでから、もうすぐ3ヶ月です。 【魚 ...

ReadMore

ワインビネガーのボトル詰め

2021/7/10

材料3つ!超簡単ワインビネガーの手作り

市販の酸化防止剤不使用のワインと、あと2つの材料を容器に入れて放置するだけで、美味しいワインビネガーを作る事ができます。 お酢は、お酒を発酵させて作る発酵食品です。だからお酢を手作りすることができます。 また、完成したワインビネガーを使ったドレッシングの作り方もご紹介します。 これを読めば、ワインを買ってきて、そこからワインビネガーを作る事ができるようになりますよ。 【目次】1.ワインビネガーの材料2.ワインビネガーを仕込む2−1.仕込んでから2日後2−2.さらに1日後(仕込んでから3日後)2−3.さらに ...

ReadMore

自家製柴漬け

その他の漬物・発酵

2021/7/22

京都人が教える柴漬けをお家で漬けるレシピ 乳酸発酵で美味しくできます

京都の伝統的な漬物である柴漬けを、ご家庭で簡単に漬ける方法をご紹介します。乳酸発酵させるから、美味しいだけでなく、腸内環境にも良いですよ。 【目次】1.6月〜8月は柴漬けの季節2.柴漬けの材料3.柴漬けの仕込み4.赤紫蘇漬けを仕込む5.柴漬けを漬けてから4時間後6.漬け始めて1日後7.漬け始めから3日後8.本漬け9.柴漬けの完成10.まとめ11.動画で説明 6月〜8月は柴漬けの季節 柴漬けの柴というのは、赤紫蘇の意味です。ナスとかキュウリとかを赤紫蘇と一緒に漬けて乳酸発酵させた、京都の伝統的なお漬物です。 ...

ReadMore

ワインビネガーを仕込む

2021/6/23

お家で出来るブドウジュースからワインビネガーを作る方法

ワインビネガーを、お家でブドウジュースを発酵させて作る事ができます。赤ワインビネガーと白ワインビネガー両方の作る方法をご紹介します。 【目次】1.ブドウジュースからワインビネガーを作る流れ2.ブドウジュースからワインを作る3.ワインの完成4.ワインビネガーを仕込む4−1.仕込んでから6日経過4−2.仕込んでから8日経過4−3.仕込んでから10日経過4−4.仕込んでから21日経過4−5.仕込んでから31日経過4−6.仕込んでから45日経過5.ワインビネガーの味6.ワインビネガーを作って思った事7.動画で説明 ...

ReadMore

このブログを書いてる人

オトコ中村
京都在住で2児の父 40代 料理を通じて皆が健康で幸せになればいいなと思っている。
ツイッターで更新情報など色々呟いてます。
詳しくは プロフィールのページ をご覧ください。

-未分類
-