京都御苑の石垣から褐簾石(カツレンセキ)を探す

   

前回の 大文字山の地学を学ぶ でも少し触れましたが、京都御苑の石垣には、大文字山の花崗岩が使われています。

大文字山の花崗岩とは、正確には比叡山から大文字山の間で産出する白川花崗岩の事を言います。
この花崗岩には副成分として褐簾石(カツレンセキ)を含んでいます。
褐簾石を含むというのは大文字山の花崗岩の特色で、他の地方で産出された花崗岩に褐簾石は含ませていません。

また現在、石材として使われている花崗岩のほとんどは中国からの輸入に頼っています。
中国産の花崗岩にも褐簾石は含ませていません。

京都御苑の石垣から褐簾石を見つける事が出来れば、その石は中国産でなく、大文字山産の花崗岩が使われている事が証明できます。
そんな事しなくても大文字山の花崗岩が使われていることは歴史の事実なのですが、大文字山の地学を少しかじり、地質学者の気分になった私は、自分の目で確かめてみたいと思い、そうしなければ気が済まなくなってしまったのです。

京都御苑の石垣の成り立ち

京都御苑がある場所は、江戸時代には皇居があり、公家屋敷が立ち並んでいました。
明治になって、明治天皇と共に多くの公家が東京に移り、荒廃が進みました。
それを憂えた明治天皇のお声で、明治10年から空き家を撤去して京都御苑として整備しました。
そして、石垣に大文字山の花崗岩が使われたのです。

スポンサーリンク




褐簾石探し開始

富小路口京都御苑の富小路口(とみのこうじぐち)です。
ここが我が家から一番近い場所なので、とりあえず、この辺りの石垣を手当たり次第に見ていきましょう。

京都御苑の石垣石垣に近付いてみると、確かに花崗岩なのですが、風化が進んでいて石の表面が見難いです。

京都御苑の石垣そりゃあ、100年以上の年月を経ている訳ですから風化していて当然ですね。
近付いてみても、分かり難いです。
分かり難いながらも、少しは石の表面が見える部分があるので、そういう部分を逃さずに調べていきます。

京都御苑の石垣石と、にらめっこしながら移動していきます。

 

なかなか見つかりません。

 

ここの石垣は南側にあり、直射日光を浴びているので風化が進んでいるのではないでしょうか。
風化が進むと石の表面が判別し難いです。
ひょっとすると、北側の石垣なら、直射日光を浴びることは無いので、その分だけ風化が進んでないかもしれません。
しかし北側まで移動しようと思えば2kmは歩かなければいけません。

移動するにも時間と労力が必要です。
やはり、その時間と労力を、この場で褐簾石を探す事に費やします。

堺町御門

堺町御門堺町御門(さかいまちごもん)まで来ました。
スタート地点から、しらみつぶしに石を観察しながら100m程西に移動した所です。

堺町御門の説明堺町御門に関する説明があります。

1863(文久3)年8月18日、朝廷内の孝明天皇、中川宮、公武合体派の公家、会津、薩摩藩らは、三条実美ら激派の公卿7人と尊皇攘夷派の中心である長州藩を京都から追放する政変を起こしました。堺町御門警備担当の長州藩が御門に集結した時、門は会津・薩摩藩兵で固められ、門内に入ることは許されませんでした。政変の結果、長州藩兵は京都から追放され、激派の公卿7人も長州に逃げ落ち、京都では一時的に公武合体体制が成立しました。

このように書かれています。

スポンサーリンク

「長州藩兵は京都から追放され」と書かれていますが、この事件は8月18日の政変と言い、長州征伐とは、また違います。

おっと話が脱線しましたね。

京都御苑のドクダミ畑そして、この歴史の案内板のすぐ後ろにはドクダミが生茂っております。
私がドクダミ畑と呼んでいる所です。

ドクダミの料理法については ドクダミ料理に挑戦! をご覧ください。

おっと、また脱線してしまいました。

京都御苑の石垣堺町御門から、さらに20m程西に来た所。

京都御苑の石垣拡大お!?

京都御苑の石垣にある褐簾石褐簾石だ!!

 

やったー!!

 

探し始めておよそ30分で見つかりました。

という訳で、めでたく京都御苑の石垣から褐簾石を見つける事が出来ました。

おまけ 京都地方裁判所の石垣から褐簾石を探す

京都地方裁判所堺町御門から道路を挟んで反対側に京都地方裁判所があります。

京都地方裁判所の石垣裁判所の石垣にも花崗岩が使われています。

しかし、おそらくこれは中国から輸入された花崗岩でしょう。

京都地方裁判所の石垣拡大探しても褐簾石は見つかりません。

やはり、歴史的建造物と現代の建築物では、使われている石材から違うのですね。
石の重みが違います。
いや、物理的な重さじゃなくて、歴史的な重さの事ですよ。

石を理解する事により、歴史的建造物の価値を再認識したのでありました。

スポンサーリンク




 - 未分類