ダッチベイビーにイチゴカスタードのデコレーション

      2016/08/02

話題のダッチベイビーに挑戦 の続き

前回紹介したダッチベイビーを、スイーツにアレンジしてみます。
あの、端が盛り上がる形状を活かして、中央部分にカスタードクリームを詰め込んでイチゴを飾り、タルトのようにしてみようと思います。

ダッチベイビー前回紹介したレシピの2倍量で、直径22cmのガラス容器で焼きました。

※焼き方は、前回の記事 話題のダッチベイビーに挑戦 をご覧ください。

しっかりと端の部分が勢い良く膨らみ、ダッチベイビーらしく焼けました。

冷めたダッチベイビー冷めると、低くなりましたが、タルトの型としては十分ですよね。
では、中に詰め込むカスタードクリームを作ります。

◆カスタードクリームの作り方

〈材料〉
砂糖 70g
卵 1個
薄力粉 40g
牛乳 200ml
バター 10g
ブランデー 大さじ1
バニラエッセンス 2ふり
生クリーム 100ml

卵と砂糖を混ぜる砂糖と卵を混ぜる。

薄力粉を加え混ぜる薄力粉を加え混ぜる。

火にかけながら混ぜる牛乳を少しずつ加えて混ぜ、火にかけて加熱しながら混ぜる。
直火だから焦げないように注意しましょう。
直火でなく、ガラスの耐熱ボウルを使って電子レンジで加熱してもOKです。

火を止め、バターを加えるカスタードクリームらしく、しっかりと固まってきたら火を止めて、バターを加え混ぜる。
そして、完全に冷まして、冷蔵庫で冷やします。
この時点で、一応カスタードクリームと呼べるものが完成してるのですが、ここに生クリームを加えるのと加えないのとでは、美味しさのレベルが違うので、私は加えます。

生クリーム生クリームは、しっかりと泡立てます。

生クリームを加え混ぜる生クリーム・ブランデー・バニラエッセンスを加え、混ぜます。

カスタードクリームこれでカスタードクリームの完成。

スポンサーリンク

イチゴイチゴは洗ってヘタを取り、水分を拭き取ります。

カスタードを詰め込む型にカスタードクリームを詰め込みます。

イチゴを敷き詰めるイチゴをびっしり並べます。
そして、アンズジャムでコーティングして、粉砂糖を端に飾り付けて完成です。

ダッチベイビーのイチゴカスタードダッチベイビーのイチゴカスタード。

誕生日ケーキちなみにこれは、息子の8歳の誕生日ケーキになりました。

ダッチベイビーをタルト型として使うには、まだ少し改良の余地があります。
息子は「ビスケット生地で作ったほうが美味しいね。」と言ってました。

なかなか言いやがる。
けど、喜んでくれたので、とりあえず良しとしておきます。

スポンサーリンク




 - その他のスイーツ