その他のスイーツ

お揚げスイーツに挑戦

お揚げスイーツに挑戦

お揚げ料理を作っている時に、お揚げってスイーツ素材にも使えるのでは?と思いました。
お揚げがスイーツ素材として見ると低糖質ですから、低糖質スイーツとしてダイエットメニューにもなり、魅力的ではありませんか。

こうなったら実験してみるしかありません。

【目次】
1.まず試しにお揚げを甘く煮てみる
2.お揚げで包む苺大福
3.現時点で分かった事とこれからの作戦
4.お揚げのプチタルト
5.ミルフィーユとは
6.お揚げミルフィーユを作る
7.現時点で分かった事とこれからの作戦
8.お揚げチョコミルフィーユを作る
9.お揚げのチョコがけを作る
10.スイーツ素材になるパリパリお揚げの作り方
11.まとめ

動画もありますよ〜。

動画は分かりやすいですが、ごく簡単な説明だけです。
ブログの方がより詳しく説明されているので、より詳しく知りたい方はブログも読んでください。

まず試しにお揚げを甘く煮てみる

お揚げの油抜きをする

お揚げを軽く茹でて油抜きします。

揚げ油の匂いを取り除く方がスイーツには良いと思って、このように丁寧に油抜きしてみました。

お揚げに味を付ける

砂糖・バター・シナモンと、水をひたひたになるまで加え、煮ます。

砂糖・バター・シナモンという組み合わせは、何となく、これならイケると思ったからです。
ただそれだけの理由なので、これが美味しいという保証はありません。

お揚げを甘く煮込む

煮詰めました。

とりあえず、甘く煮たお揚げの完成です。

甘く煮たと言っても、出汁と醤油で煮た普通の甘辛煮とは違います。
バターと砂糖で煮てるので、お揚げのグラッセとでも呼びましょうか。

これでカスタードクリームなどを包んで食べるとシュークリームやクレープのような美味しいスイーツになるのではないでしょうか?
と、期待してしまいます。

甘く煮たお揚げを試食する

では、お揚げのグラッセを単体で試食してみます。
試食してからどんなクリームと合わせるか考えようと思います。

では、いただきます。

ん?

う〜ん、

マズイ。

甘いお揚げとバターとシナモンの香り、不快なマズさではないのですが、喜んで食べる味ではありません。

バターは有っても無くても良いと感じましたが、シナモンは確実に不要です。

そして、カスタードクリームとは合わないでしょう。

その代わり、餡子と合いそうに感じました。

お揚げで包む苺大福

お揚げのグラッセと餡子が合いそうに感じたので、それなら合わせてみましょう。

例えば、餡子ときな粉って相性抜群でしょ。

お揚げって大豆からできてます。
きな粉も大豆の粉ですから、どちらも餡子と相性が良くて当たり前ですよね。

お揚げ苺大福を作る

お揚げのグラッセに餡子と苺を詰め込んでみました。

これでお揚げ苺大福の完成です。

お揚げ苺大福

お揚げで包んだ苺大福。

見た目は完全にいなり寿司です。

お揚げ苺大福の断面

断面はこのようになっています。

美味しそうですね。

美味しそうに見えますよね。

もちろん美味しいです。

ただし、美味しいのは餡子と苺だけです。

苺と餡子は美味しいのに、お揚げが口の中で邪魔します。
お揚げが口の中に残ります。
餡子と苺のように溶けて混ざり合わないのです。

家族もみな食べましたが、苺と餡子を食べる事には喜びを感じているようでした。
苺と餡子を食べるには、お揚げも一緒に食べなければいけません。

13歳の息子は「お揚げが餅だったらよかったのに。」というコメントをくれました。

それって、言葉を選んでるようですが、お揚げ否定されてますよね。

現時点で分かった事とこれからの作戦

お揚げを砂糖・バター・シナモンで煮るのはイマイチでした。

シナモンは入れるのをやめます。
お揚げは油と相性が良いので、バターは有っても良いですが、バターは最近売ってなく貴重品なので、バターを使うのは、いざという時だけにします。

餡子との相性は決して悪くないのですが、食感が合わないです。

発想の転換をして、甘く煮るのをやめて、お揚げをオーブンでパリッと焼いてみる事にします。

お揚げのプチタルト

お揚げを甘く下味つけてからオーブンで焼く

油抜きしたお揚げを砂糖と水だけで煮詰め、甘い下味を付けます。
そのお揚げを切り開き、タルトストーンを入れて180℃のオーブンで20分くらい焼きます。

ストーンを詰めてオーブンで焼いたお揚げ

パリッと焼けました。

ストーンを取り除く

冷めたらストーンを取り除きます。

ですがストーンがへばり付いて無理に取り除くと、お揚げが割れてしまうので、丁寧に取り除きます。

おかげで取り除くのに時間がかかりました。
この方法は、美味しかったとしても、実用的ではありません

焼いたお揚げを試食する

割れてしまったお揚げを試食してみます。

パリッとして、ほんのり甘く、ウマイです。

これならタルトとして使えそうです。

カスタードクリームを作る

お揚げタルトに詰めるカスタードクリームを作ります。

絞り袋にカスタードクリームを入れる

絞り袋にカスタードクリームを入れます。

焼いたお揚げにカスタードクリームを詰める

お揚げタルトの中にカスタードクリームを絞ります。

いちごをトッピングする

そして、苺を飾ります。

お揚げのプチタルト

お揚げのプチタルトの完成。

お揚げのプチタルト

美味しそうに見えるでしょ。

確かに美味しいです。

しかし、美味しさの要因は、苺とカスタードクリームによるところが大きいです。
お揚げは邪魔こそしてませんが、美味しさにあまり貢献していないですね。

低糖質だからという理由で、味に妥協してはいけません。
これでは、まだ、何か物足りません。

パリッと焼いたお揚げは、まるでパイ生地のようなので、それを活かしたスイーツを作った方が良いかな。

パイ生地を活かしたスイーツといえば、そうです。
ミルフィーユです。

という訳で、お揚げミルフィーユを作ってみようと思います。

後編動画です。
ブログの方が詳しく説明されてますが、動画は分かりやすいので、できればブログも動画も両方ご覧ください。

ミルフィーユとは

ミルフィーユ

ミルフィーユとは、一般的に、3枚のパイ生地の間にクリームとかフルーツとかを挟んだケーキです。
画像は、無料素材から拝借しました。

これをパイ生地では無く、お揚げで作ろうと思います。

前回のお揚げプチタルトを食べてみて、この組み合わせはイケると確信したのです。

お揚げミルフィーユを作る

お揚げを甘く煮る

まず、油抜きしたお揚げを砂糖で甘く煮ます。

お揚げを開く

甘く煮たお揚げを開きます。

お揚げをオーブンで焼く

180℃のオーブンで30分くらい焼きます。
2枚は砂糖をまぶしてみました。

これを焼けば、砂糖が焦げてカラメルみたいになるのではないでしょうか。

ミルフィーユというのは、砂糖をまぶしてある事が多いですから。

いや、本当は砂糖で無く、粉砂糖をまぶすのですが、家に粉砂糖が無かったので、普通の砂糖をまぶしてみたのです。

オーブンで焼いたお揚げ

焼けましたが、砂糖はそのままでした。

まいっか。

パリパリに焼いたお揚げを切る

先に切ります。

ミルフィーユは、切るのが困難なケーキの代表格です。
クリームとパイ生地(お揚げ)を重ねてから切ると、うまくきれずにベチャっと潰れてしまうという事態が予想されるので、先に切っておきます。

しかし、このお揚げパリパリなので、先に切る場合でも、慎重に切らなければ、割れるかもしれません。

包丁を研いで、「お前はもう切れている。」と信じ、エイッと気合で切ります。

パリパリのお揚げを切る瞬間

バリッ!!

割れたお揚げ

見事に割れてしまいました。

こうなったら、現段階でこれ以上切るのは諦めて、このままクリームと重ねてみましょう。

ミルフィーユの完成品をどのように切るかは、その時に考えることにします。

カスタードクリームを作る

カスタードクリームを作ります。

カスタードクリームを絞り袋に入れる

カスタードクリームを絞り袋に入れます。

ミルフィーユを盛り付ける

お揚げの上にカスタードクリームを絞り、いちごを乗せ、もう1枚お揚げを乗せます。

ミルフィーユを完成させる

さらにカスタードクリーム、いちごを乗せ、いちごの上に少し接着剤代わりにカスタードクリームを絞り、お揚げを乗せます。

カスタードクリームを飾る

仕上げにカスタードクリームを絞り

いちごを飾る

いちごを飾って完成。

お揚げいちごミルフィーユ

お揚げいちごミルフィーユの完成です。

美味しそうでしょ。

お揚げいちごミルミルフィーユを切る

これを切り分けていただきましょう。

繰り返しますが、これをスパッと切るのは至難の業です。
どのように切るかは考えてませんでした。
今更考えても何も良いアイデアは思い浮かびません。

「お前はもう切れている。」と信じ、エイッと気合で切るしかありません。

潰れたお揚げいちごミルフィーユ

グシャッ!!

やはり潰してしまいました。

まあ、仕方がない。

お揚げいちごミルフィーユをいただく

お揚げいちごミルフィーユをいただきます。

味は美味しいです。

けど、形が潰れてしまったらケーキとしての価値は激減です。

あと、これが作りたてホヤホヤをすぐに食べるならいいですが、しばらく置くと、お揚げがカスタードクリームの水分を吸って、パリパリじゃ無くなってしまいます。
弾力を持った硬さになり、そうなると食感が著しく損なわれます。

現時点で分かった事とこれからの作戦

お揚げをパリッと焼いてから成型するのは困難なので、焼く前に成型すべきです。
また、お揚げとカスタードクリームは合いますが、しばらく置くとお揚げが水分を吸い、食感が悪くなるので、ダメです。

パリッと焼いたお揚げと水分が出ない物を合わせる方が、より完成度の高いスイーツになるでしょう。

スイーツで水分が出ない物といえば、チョコレートです。

お揚げでチョコミルフィーユを作れば良いのではないでしょうか。

お揚げチョコミルフィーユを作る

お揚げをオーブンで焼く

油抜きして甘く煮たお揚げを、一口大にカットして、粉砂糖をかけてオーブンで焼きます。

粉砂糖は必要だと思い、買いました。

パリパリに焼いたお揚げ

180℃で30分くらい焼けば、パリパリになりました。

バニラクリームを作る

バニラクリームを作ります。

バター20gに粉砂糖40gを混ぜただけです。
本当はバニラも入れなければいけませんが、最近はバニラが売ってなくて、我が家では切らしたままです。
だから、バニラ無しのバニラクリームです。

武漢ウィルスによる自粛の影響で、みんなが家でお菓子でも作ろうと、バター・生クリーム・バニラなどがよく売れているみたいで、品薄なんですね。

一口大のお揚げミルフィーユを作る

お揚げ

バニラクリーム

お揚げ

バニラクリーム

お揚げと重ねます。

これで一口大のミルフィーユになりました。

バニラクリームは水分がほとんど無いので、これは大丈夫だと思います。

お揚げミルフィーユにチョコレートをかける

ミルフィーユの上にチョコレートを溶かし、適当にかけます。

低糖質スイーツですから、カカオ分72%のビターなチョコレートを使いました。

チョコレートが固まれば完成です。

お揚げチョコミルフィーユ

お揚げチョコミルフィーユ。

はっきり言って美味しいです。

これなら合格ラインです。

ただ、少し難癖を付けるならば、バニラクリームに含まれる水分をお揚げが吸い、少しですが、お揚げが硬くなっている事です。

わずかですが、バニラクリームにも水分が含まれるのです。

ほとんど気にならないレベルですが、おかげで100店満点ではありません。

これをクリアするには、バニラクリームも不使用にするしかありません。

お揚げのチョコがけを作る

パリパリのお揚げにチョコレートをかける

パリパリのお揚げにシンプルにチョコだけをかけました。

お揚げのチョコがけ

お揚げのチョコがけ。

これは美味しい。

絶妙の組み合わせだと思います。

ミルフィーユのような華やかさは無く、地味ではありますが、低糖質スイーツとしては、文句の付けようがありません。

知らずに食べると、これがお揚げだなんて分からないでしょう。

スイーツ素材になるパリパリお揚げの作り方

ここまで読んで、実際に作ってみたいと思った方のために、パリパリお揚げの作り方を説明します。

スイーツ素材になるお揚げの下処理

500mlくらいのお湯に大さじ2杯の砂糖を入れ、お揚げをしばらく茹でます。
これで油抜きと下味付けを同時に行うという魂胆です。

冷めたらギュッと水分を絞ります。

めくって一口大に切ります。

お揚げに粉砂糖をふる

天板に並べ粉砂糖をかけて

スイーツ素材パリパリお揚げ

180℃のオーブンで30分くらい焼けば完成です。

これでパリパリのパイ生地のようなお揚げになってます

カスタードクリームのような水分を含んだクリームを付ける場合は、すぐに食べるといいでしょう。

チョコレートを付けると時間を置いても大丈夫です。
パリパリを維持してます。

まとめ

  • お揚げを砂糖で甘く煮てそのまま食べても美味しく無いが、オーブンでパリパリに焼くとパイ生地のようになる。
  • パリパリお揚げとカスタードクリームは合うけど、お揚げが水分を吸うと硬くなり食感が悪くなる。
  • パリパリお揚げとバニラクリームも合うけど、少し水分が含まれるので、時間を置くと少しお揚げの食感が悪くなる。
  • パリパリお揚げとチョコレートも合う。食感が損なわれる事も無く絶妙の組み合わせ。

そんな訳で、お揚げは工夫次第でスイーツ素材としても使える事がわかりました。
豆腐はすでにスイーツ素材として一般的ですから、次に挑戦するのは厚揚げでしょうか。

いや〜厚揚げは難しいでしょう。

手作りニューヨークキャラメルサンド

スイーツ

2020/10/23

ニューヨークキャラメルサンドを手作りする

ニューヨークキャラメルサンドを手作りする ニューヨークキャラメルサンドという、めちゃくちゃ美味しいお菓子があるのをご存知ですか? それを手作りしてみます。 【目次】1.ニューヨークキャラメルサンドとは2.ニューヨークキャラメルサンドはあまり売ってない3.作っているのは東京玉子本舗4.ニューヨークキャラメルサンドを作る4−1.まずクッキー生地を仕込む4−2.キャラメルを作る4−3.クッキーを焼く4−4.キャラメルを切り分ける4−5.ビヨーンと伸びるキャラメルを作るには経験値だけでなく水飴も必要4−6.キャラ ...

ReadMore

挽き肉のトマトバジル炒め丼温玉乗せ

その他の料理

2020/10/14

にんべん だしとスパイスの魔法シリーズ ひき肉のトマトバジル炒めの商品レビューとレシピ 

にんべん だしとスパイスの魔法シリーズひき肉のトマトバジル炒めの商品レビューとレシピ レシピブログのモニターで、にんべん だしとスパイスの魔法シリーズ ひき肉のトマトバジル炒めをいただきました。 これです。 速水もこみち氏が共同開発したという商品です。この商品のレビューと、これを使ったアレンジレシピをご紹介します。 先日ご紹介した、白身魚のレモンソテーと同じ「にんべん だしとスパイスの魔法シリーズ」の商品です。 先日、白身魚のレモンソテーについて、あまりにもボロカスに書いてしまいました。 オトコ中村の楽し ...

ReadMore

白身魚のレモンソテー

その他の料理

2020/10/12

にんべん だしとスパイスの魔法シリーズ 白身魚のレモンソテーの商品レビューとレシピ

にんべん だしとスパイスの魔法シリーズ 白身魚のレモンソテーの商品レビューとレシピ レシピブログのモニターで、にんべん だしとスパイスの魔法シリーズ 白身魚のレモンソテーをいただきました。 これを見たときの第一印象は お、化学調味料無添加か、いい商品かも? 2〜3人前か、我が家は4人家族だから中途半端やな〜。 といった印象です。 もこみち氏が共同開発しているという事ですが、私は、もこみち氏の事はあまり詳しく知らないのですが、料理にオリーブオイルを多用する印象だけはあります。それ以外の事は、全く知らないので ...

ReadMore

自家製自家製ゴルゴンゾーラ

チーズ作り

2020/10/10

ゴルゴンゾーラを培養したらえらい物ができてしまった!

ゴルゴンゾーラを培養したらえらい物ができてしまった! 世界3大ブルーチーズの1つであるゴルゴンゾーラを手作りしてみようと、市販のゴルゴンゾーラを種に、それを培養してみました。その結果、えらい物が出来上がってしまいました。その過程をご覧ください。 【目次】1.ブルーチーズの作り方2.ゴルゴンゾーラを手作りする2−1.ゴルゴンゾーラを牛乳に溶かし保温してヨーグルトを作る2−2.ヨーグルトの水を切る2−2−1.1日後2−2−2.さらに1日後2−3.水切りヨーグルトを熟成させる2−3−1.4日後2−3−2.さらに ...

ReadMore

自家製自家製カマンベールチーズ

チーズ作り

2020/10/2

白カビが生きているチーズの見分け方

白カビが生きているチーズの見分け方 自宅でカマンベールチーズを手作りするのに必要な、白カビが生きているチーズを紹介すると共に白カビが生きてるチーズの見分け方をご説明します。 【目次】1.白カビが生きているチーズは珍しい2.白カビが生きているチーズを2種ご紹介3.白カビが生きているかどうかを見分ける方法4.カルディで買ったブリーチーズを種にカマンベールチーズを作る4−1.2週間経過4−2.さらに1週間経過(熟成開始から3週間経過)4−3.さらに1週間経過(熟成開始から4週間経過)5.まとめ6.動画で解説 白 ...

ReadMore

-その他のスイーツ
-

© 2020 オトコ中村の楽しい毎日 Powered by AFFINGER5