またディープディッシュピザをバーベキューにて作る

      2016/08/03

先日、妻の兄弟たちと、中村家の総勢11名で、バーベキューをしました。

ガスバーベキューグリル今回注目したのが、義弟所有の「コールマンのガスバーベキューグリル」

これさえあれば、いつでもどこでも、いきなりバーベキューを始められます。
炭火だったら火を熾すのに30分程度かかるのに比べて、これなら、カチッと一瞬で着火。

こんな便利な器具があるのかと驚きました。
そして、義弟がほとんど用意してくれたので、私は、食べる専門でした。

義弟よ、ありがとう~。

炭と薪で調理作る事が好きな私も、食べるだけではなく、1品作りました。

10インチダッチオーブンで焼くディープディッシュピザです。
1週間前の世界料理研究会で作って、大成功だったので、同じものを作ることにしました。

これは、ダッチオーブンの特徴をフルに活かした料理で、インパクトがあり、とても美味しいので、皆に振舞おうと思ったわけです。

1週間前の世界料理研究会については ダッチオーブンを使いこなす 第6回世界料理研究会(前編) をご覧ください。

下火は、焚き火と炭火のブレンドです。
理想は弱火なのですが、画像の状態では火力が強いので、火に乗せたり降ろしたりして、火力を調整しました。
上火は、炭火で強火です。

この状態で30分くらい焼きます。
薪や炭を使いこなす、これ野外料理の醍醐味。

楽しいな~♪

ディープディッシュピザ焼けました~!

大成功!

また美味しく焼けました。
皆も喜んでくれました。

便利な器材も良いのですが、時間と手間をかける炭火と薪火は、火の通り方が違います。
何故かよく分からないですが、とにかく美味しいのです!

時間と手間をかけて、炭や薪で焼くか、短時間で手軽にガスで焼くかの選択は、人それぞれだと思うので、優劣を付けられる問題ではないのですが、私の場合、時間と手間をかけてでも、炭や薪で料理をしたいですね~。
なぜなら、作る事が楽しみだからです。
もちろん食べる事も楽しみですよ。

スポンサーリンク

やはり炭火と焚き火は面白い!!
今後ますます火の道を極めていきたいと思います。

スポンサーリンク




 - ダッチオーブン・スキレット