ニコンD3300を購入

   

ニコンD3300というデジカメを買いました。

何故デジカメを買う事になったかと言いますと…
このブログに綺麗な画像を載せたいからなんですが、ブログ開設当初までさかのぼって、使ってきたデジカメを振り返りながら説明します。

ブログ開設当初はガラケーで撮影してました。
2012年1月~2013年3月頃まで

G'zOne CA002 G'zOne CA002
2012年にブログを開設した当初はこれで撮影してました。
カメラは197万画素。

ガラケーで撮影した画像ガラケーで撮影した画像
手打ちラーメンの打ち方 に掲載されている画像です。
決して美味しそうに写っているとは言えません。
ラーメンを作った記録が画像として残されているだけというレベルですね。

こんなレベルの画像でコツコツとブログを書き続けていたら、友人が画像を見かねてデジカメを譲ってくれました。

デジカメデビュー
2013年3月~2016年4月頃まで

リコーGR DIGITAL リコーGR DIGITAL II
2007年に発売されたデジカメです。
約1001万画素で、発売当時は高性能コンパクトデジカメと言われていたものです。

ガラケーのカメラ機能しか使った事が無い私にとっては、驚くべき高画質で、そりゃもう重宝しました。

リコーGR DIGITAL IIで撮影した画像
リコーGR DIGITAL IIで撮影した画像
ダッチベイビーにイチゴカスタードのデコレーション に掲載されている画像です。
カメラの性能のおかげで美味しそうな画像を残す事ができるようになりました。

私は、このカメラの性能に、全く不足を感じること無く、ずっと使い続けるつもりでいました。

ところがアイフォンの登場により、アイフォンに立場を譲る事になってしまいました。

ガラケーをアイフォンに機種変更
2016年4月から

iPhoneSE iPhoneSE
約1200万画素と、カメラ機能が優秀で、くっきりはっきりした画像が撮れます。
手軽に使えるのが魅力的です。
iPhoneは、世界で最も普及しているデジカメとも言われています。

それまで使っていたデジカメ(リコーGR DIGITAL II)は2007年発売ですから、iPhoneSEが2016年発売ですから、9年の違いがあります。
デジタルの世界で9年の差といえば、とてつもない差ですよ。
9年前の高性能デジカメが、現在のスマホのオマケ機能であるカメラに追い越されるんですね。
いやはや、世の移り変わりは速い。

アイフォンで撮影した画像アイフォンで撮影した画像
手作りビール第3弾の結果は? に掲載されている画像です。
画像がシャープになりました。

そしてiPhoneのカメラ機能が故障
2016年8月

落としたiPhoneズボンのポケットからiPhoneを落としてしまいました。
表面のガラス部分が少し割れましたが、カメラのレンズは無事だったので、ホッと安心していたのですが、写真を撮ってみると

iPhoneで真剣に撮影した柴漬け iPhoneで真剣に撮影した柴漬け

なんじゃこりゃ~。
ピントが合わなくなってしまったのです。

iPhoneの保障に入ってませんので、修理したら数万円でしょう。
カメラ機能だけを修理するのに数万円払うなんて馬鹿な話はないですよ。
それなら数万円でデジカメを買った方がいいじゃないかという結論になりました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




とうとうニコンD3300を購入
2016年8月末

ニコンD3300 ニコンD3300
これは、いわゆる一眼レフと呼ばれるカメラですが、型落ちなのでかなり安く買う事ができました。
iPhoneよりも安いです。
それでも私にとっては相当に思い切った出費だったので、しばらくは昼飯抜きかもしれません。

妻に、掃除機を買って欲しいとおねだりされているのですが、私は買ってあげると言いながら、デジカメを買ってしまいました。
掃除機はしばらく延期です。
この事は、妻にナイショにしておいてください。

そうまでして買ったデジカメは、やはり一眼レフと呼ばれるだけあって、画質はいいです。
感動してます。
これはカメラのレビュー記事ではないので、スペックやら何やらに興味がある方は、適当にググッて調べてください。

ニコンD3300で撮影したオランジーナ ニコンD3300で撮影したオランジーナ

ニコンD3300で撮影したスモークチーズ ニコンD3300で撮影したスモークチーズ

とりあえず何も考えずにシャッターを押すだけでこれだけの画像が撮れてしまいます。

もし、美しい料理を作り、真剣に撮影したらどうなる事でしょう。
これから撮影技術を磨きます。

スポンサーリンク




 - 未分類