人生初!シュークリーム作り

      2016/07/30

人生初のシュークリーム作りに挑戦します。
シュークリームって、あのシュー生地がどうやって膨らんでるのか不思議に思います。
熱を加えて糊状になったデンプンが、水蒸気を捕まえて膨らむようですが、そんな原理を知ったところで、果たして、自分で作っても同じように膨らませる事が出来るのでしょうか?

今回作るにあたって、参考にしたのが以下のサイトです。
辻調おいしいネット / レシピ/シュークリーム

参考にしたと言うより、教科書にしました。

スポンサーリンク




では、シュークリーム作ってみましょう!

<シュー生地 今回作った分量>
水 100ml
バター 40g
薄力粉 60g
卵 2個

シュー生地を火にかけて混ぜる水とバターを鍋で火にかけて、沸騰したら小麦粉を一気に入れて混ぜる。
小麦粉のデンプンが糊状になるまでしっかりと焦がさないように気をつけながら火を通す。
オーブンは200℃に予熱しておきます。

卵を加えて混ぜるボウルに移し、卵を3回くらいに分けて入れる。

シュー生地最終的にこのくらいの硬さになるように卵の量を調節する。
固いと膨らみが悪く、軟らかいと高さがなく横に広がったシューになるので、軟らかくなったものは元に戻せないため、卵を全て入れる前に、少し残した状態で、固さを確認しながら加える。

卵を全て入れても少し固そうだったので、水を小さじ1杯分くらい入れて、やっとこのくらいの固さになりました。

絞り袋で絞るシュー生地を絞り袋に入れて、絞り出します。

が…

あれ!?

口金の先が細すぎて出てこない!

先端が2ミリくらいの口金は、シュー生地を絞り出すのに向いてないという事が分かりました。
なんて悠長な事を言ってる場合でなく、素早く口金を取り出さなくてはいけません。

シュー生地は、温かいうちに手早く絞り出して焼いてしまわないと膨らみが悪くなります。

口金を取り除いて絞る結局、口金を取り出して、絞り袋の先端を切ると、ちゃんと出てきました。

シュー生地を絞った何とか全てのシュー生地を絞り出す事ができました。
すぐに焼き始めます。

シューを焼くちゃんと膨らむかな?

焼き始めて15分焼き始めて15分経過。

お、膨らんできた。
焼いている最中は、オーブンの蓋を開けてはいけません。
オーブン内の温度が下がると、シューがしぼんでしまうからです。

焼き始めて25分焼き始めて25分経過。

シューらしくなってきました。

スポンサーリンク

カスタードクリームを作るシューを焼いている間にカスタードクリームを作っておきます。

<カスタードクリーム 今回作った分量>
牛乳 400ml
卵黄 2個
砂糖 120g
薄力粉 30g
片栗粉 20g
バター 20g
バニラエッセンス 少々

卵黄と砂糖を混ぜる。
薄力粉・片栗粉を加え混ぜる。
牛乳を少しずつ加え、混ぜる。
火にかけて焦がさないように気をつけながら混ぜる。
固まったら火を止めて、バターを加え混ぜる。
冷まして、バニラエッセンスを加え、なめらかになるまで混ぜる。

シューが焼けたシューが焼けました。
ドタバタしましたが、ちゃんとしたシューになってくれました。

カスタードクリームを詰め込むシューが冷めたら、切り目を入れて、絞り袋でカスタードクリームを詰めます。

本当は、左手にシューを持ち、右手に絞り袋を持って、両手を使っているので、撮影など出来る状態ではありません。

画像は、左手にカメラ、右手に絞り袋を持って撮影してます。

クリームの入ったシュークリームを詰め込みました。

粉糖をかける最後に粉糖を振りかけました。

これで完成です。

シュークリーム人生初挑戦のシュークリーム。

サクッとして、軽やかで、口に中で消えていくようになくなりました。

美味しいなぁ~。

その日のうちに食べてしまった方が美味しく食べられます。

スポンサーリンク




 - その他のスイーツ