ヤナギマツタケ

      2016/06/15

最近、まずいキノコばかりを紹介してるような気がします。
いや、気のせいじゃないかも…
まずいばかりでなく、やばいキノコも紹介しているかもしれません。
別に、わざとまずいキノコや、やばいキノコばかりを紹介している訳じゃないんですよ。
たまたま出会ったきのこが、まずかった、やばかった、というだけです。
安全で美味しいキノコに出会うというのは、簡単でないですね。
何年も観察し続けて、キノコの発生場所や時期を記録しておかないといけません。

ヤナギマツタケ画像は、ヤナギマツタケ。
すでに、京都御苑で複数の発生場所をチェックしています。
春から秋にかけて何回も生えてきます。
これは、私がチェックしてあったところに生えていた物です。
このキノコは、安全で美味しいです。
美味しいと言っても、マツタケのように酔いしれるような美味しさではないですが、変な香りや雑味は一切ありません。
優しいキノコの香りと、旨みが感じられます。
柄はコリコリとした食感で、カサは、加熱すれば柔らかくトゥルッとした食感。
生でかじった時点で美味しいです。
そうです。

美味しいキノコは、生でかじった時点で美味しいのです。

これは重要なポイント!
と言うか、当たり前の事です。

私は、最近になってやっと「美味しいキノコは、生でかじった時点で美味しい。」という当たり前の事に気が付きました。
今後は、この事を踏まえて、キノコ料理に取り組んでみようと思ってます。
と言いながら、変わった味のキノコがあれば、冒険して踏み外すこともあると思います。
おそらく、このブログの読者の方は、踏み外す方を期待していると思うので、期待に応えようとは思ってますので、ご心配なく。
さて、実はこのキノコ、すでに料理して食べた事があります。

その時は油炒めにして食べましたが、美味しくいただきましたし、お腹も壊しませんでした。

しかし、その数日後、そのヤナギマツタケが生えていた木に、犬がオシッコをしてる所を目撃しました。

がーん!
ショック!

犬が散歩コースの中でオシッコするという事は、毎日そこでオシッコしてると言うことでしょうね。
まあ、洗えば済む話ですからいいですが…
それを目撃して以来、地面に近いヤナギマツタケは、採るのをやめました。
この画像の物は、私の目線の高さに生えています。
これなら、いくら変わり者の犬でもオシッコはかけられまい。
と言うわけでゲットしました!

スポンサーリンク

ヤナギマツタケを使用したオムレツジャガイモとベーコンのオムレツ(ヤナギマツタケ・小松菜入り)
家に卵がたくさんあったので、オムレツの具に使用しました。
ヤナギマツタケの量が少ないので、味への影響は、ごくわずかですが、ヤナギマツタケが入ることによって確実に味が向上しています。
また美味しいキノコを紹介できればいいなぁ。

スポンサーリンク




 - キノコ