京都御苑のエゴマ

      2016/06/15

エゴマ
京都御苑にて、エゴマを発見。
エゴマとは、シソの仲間で、シソとよく似た香りがします。
葉が少し堅く、シソと同じように使うには違和感があるのか、市場には出回っておりません。
けれど、エゴマの種からとったエゴマ油は、健康に良いと、広く売られております。
また、韓国では、エゴマの葉のキムチがあります。
キムチ屋さんで売ってますよ。
美味しいですね。
そんなエゴマに、まさか京都御苑で出会えるとは思ってませんでした。
これはうれしい発見。

エゴマの葉
エゴマの葉を10枚ほど摘んできました。
これを、キムチの素(ヤンニョム)で漬けたら絶対に美味と思いますが、家にキムチの素は、ありません。
さて、どうしようかと思いましたが、味噌で漬けてみることにしました。

エゴマの味噌漬け
味噌に、砂糖と醤油を混ぜて、エゴマの葉を漬けました。
冷蔵庫で1日置いたら食べられるけど、1週間ぐらい置いたら味と香りがなじんで美味しくなりました。
ご飯のお供に最高です。

そして1ヵ月後には実がなります。

エゴマの実1
エゴマの実です。
近づいてクンクン匂いをかぐと、さわやかな匂いがします。
手で触ると、触った手がさわやかな匂いになります。

エゴマの実2
右側が、京都御苑で採ったもの。
左側が、先日比叡山で採ったもの。
京都御苑のエゴマと、比叡山のエゴマ、気候の違いか品種の違いか、見た目・香り・味ともに比較になりませんでした。
また、数年前に道の駅で買ったシソの実よりも、京都御苑のエゴマの方が、抜群に香りが良いです。
京都御苑のエゴマは、とても品質が良いと思います。
皇室のエゴマかもしれません。
そんなこともあり、採るのに遠慮が生じて、少量しか採りませんでした。
…と言うのは冗談ですが、種だから、大量に採ったら来年の出来に影響するような気がして、遠慮しました。

スポンサーリンク

エゴマの実を梅酢に漬ける
エゴマの実は、指でしごいたら簡単に取れます。
指がいい匂いになりますが、大量にやると指が黒くなります。
このくらいの量なら指は黒くなりませんよ。
今回は、これを梅酢に漬けます。
これは直径5cmくらいのタッパーです。
1日漬けておけば、もう食べられます。

エゴマの実おにぎり
ご飯に混ぜておにぎりにしました。
プチプチとした食感。
とにかく香りがいい。
とても美味しいです。
また他にも、エゴマの何か良い料理法があれば、教えてください。

スポンサーリンク




 - 京都御苑の野草