赤シソ

      2017/08/02

赤シソ赤シソを買ってきました。

これを買うのは人生初です。
今まで、梅干に使う赤シソは、既製の赤シソ漬けを買ってましたが、今年は、初めて自分で漬けてみようと思います。

塩漬けにする赤シソの葉を洗い、葉の重量に対して20%の重量の塩と一緒に漬けて、重石を乗せ、ひたひたになるくらいの水を入れます。

赤シソの葉 300g
塩 60g

で漬けました。
この状態で1日置きます。

煮るついでにシソジュースも作ってみます。

赤シソの葉 100gを 500mlの水で 10分程煮ます。
熱湯に入れると赤シソの葉は緑色になりました。

赤シソ液シソを取り除くと赤黒い液体が残ります。
ここに、砂糖・レモン汁・クエン酸・ワインビネガーを適当に入れました。
分量は量ってませんが、なんかそれなりにシソジュースらしい味になりました。

シソジュースシソジュースです。

水で2~3倍くらいに薄めるとちょうど良い味になりました。
レモンを浮かべると、ちょっとオシャレですね。

漬かったさて、シソの葉を塩漬けにして1日経ちました。

もう完全に漬かってます。
常温で置いてたから乳酸菌発酵する寸前になってます。

いや、寸前と言うより、少し発酵が始まってるような感じです。
これは、発酵させないつもりなので、すぐに次の工程に進みます。

絞る水分をぎゅ~っと絞ります。

今度は、青紫になってます。
赤シソの葉は、普通の状態では赤く、茹でたら緑になり、茹で汁は赤黒く、塩漬けにすると青紫になり、なかなか色の変化に富んだ奴ですね。

白梅酢で漬ける今度はこれを白梅酢に漬けます。

白梅酢とは、梅を塩漬けにした時に出る汁の事です。
今年は、3kgの梅を漬けているので、白梅酢は、たくさんあります。
白梅酢がない時は、酢に塩を溶かしたもので代用するらしいです。

スポンサーリンク

赤シソ漬け白梅酢に漬けて1日経ちました。
今度は赤シソ漬けらしい色になりました。
これで赤シソ漬けは、完成です。
これを、梅雨が明けたら、土用干しした梅と共に漬けて、めでたく梅干が完成する訳です。

赤シソご飯少量だけ刻んで赤シソご飯を作りました。
やはり、自分で漬けるほうが既製品よりも香りが良く、美味しいです。
このシソで漬けた梅干は、きっと香りの良い梅干になるのでしょうね~。

スポンサーリンク




 - その他の漬物・発酵